学資保険とは

学資保険なら万が一の場合でも教育資金が受け取れる。

 学資保険とは、教育資金の積み立てを目的とした貯蓄型の保険です。いろいろ貯蓄型の保険がありますが、学資保険はとくに教育資金に特化したものとなっており、そのためにいろいろな仕組みが整えられています。

 学資保険の場合、一般的には、保険の契約者は親で、子どもが被保険者となります。子どもが成人して、保険が満期になるまで、親が無事であれば問題ありませんが、不測の事態により、親が死亡することや、また重度の傷害等で、仕事ができなくなる場合も考えられます。そういった場合に学資保険の保険の部分が役に立ちます。

 一般的な学資保険であれば、こういったケースには、残りの契約期間の払い込みは不要となり、満期時に最初に設定した金額の保険を受け取ることができます。また、かんぽ生命(郵便局)の育英学資のように、育英年金を受け取ることができる補償がついているものもあります。

 ただ、補償が多い保険については、当然、保険料も割高となり、満期時の返戻率が低くなりがちです。そういったことから、最近では、ソニー生命アフラックのように補償を最低限にする分、返戻率を高くした保険に人気が出ています。

学資保険を選ぶ際のポイント

 学資保険とはということで、概要を書いてきたのですが、おさえておかないといけないのは、学資保険が子どもの将来のためのお金を積みたてるものであるという点です。

 返戻率や利率だけを考えると、ほかの手段での運用でもOKでは?と思いがちです。ただ、こどもの将来のためのお金に失敗はゆるされません。利率の高い運用には、当然リスクが存在します。学資保険は、リスクの部分が保険という形で担保されています。

 「学資保険とは、こどもの将来のための教育資金の積み立てを目的としたもの」であることをしっかり抑えておくことが大事ですね。