学資保険 不必要

ある程度の貯金があれば、学資保険にこだわる必要はない

 学資保険はすべての人に向くものではありません。不必要とまでは言わなくても、学資保険にこだわる必要がない人もいるのは事実です。

 カンタンに言えば、すでにある程度の貯金、学資保険で貯める金額の目安となる200~300万円のお金が子供のために用意できる人は、学資保険は不必要と言えるかもしれません。

 学資保険は、毎月積み立てることで、より安全に教育資金を用意できる金融商品です。これから貯めることを考えると、銀行の普通預金や定期預金の利率よりも、現状は高い利率のものが選べるので有利にはなります。

 でも、すでに200~300万円のお金があるのであれば、子供の名前などで、定期預金を作っておけば、そのお金を子供に残すことができるので、それほど必要性を感じないかもしれません。

教育資金をより安全に残すことができる仕組みが大事

 学資保険の目的は、自分のこどもにより安全に教育資金を残すことです。ほかの手段で、大学等の資金を用意することが可能であるなら、その方法を選ぶことも全然OKです。

 ただ、より重要なのは、安全、確実に教育資金を積み立てる考え方です。大きな金額を残すことが可能なものでも、リスクが大きいもの、例えば、株式、外貨預金、FXなどは、マイナスに振れた場合の幅も大きいので、いくらハイリターンが望めても、学資保険には向きません。

 子供が大きくなった時に、経済的に安心して、大学に送ってあげられる環境をつくれるかどうか。より安全に教育資金を残すことができる仕組みを作ることが大事になります。