学資保険 死亡保障

ほとんどの学資保険に死亡保障がついています

 学資保険に入る際に、死亡保障付きのものを探している人もいるかもしれません。
 親に万一のことがあった場合、子供に確実に教育資金を残すために、保険に死亡保障を求める理由については理解できます。

 学資保険はこの点がうまくできている保険で、いわゆるほとんどの学資保険では、親が死亡等した場合には、それ以降の保険料の支払いは免除されるケースが多くなっています。

 銀行預金と違うメリットがこの部分で、一旦、契約をすれば、万が一の場合にも備えることができるというわけです。

積立タイプの学資保険や、外貨運用のものに死亡保障がないケースも・・・

 ほとんどの学資保険に親(契約者)についての死亡時の保障がついていますが、中にはついていない保険もあります。
 それは積立タイプの学資保険や、外貨建ての商品を利用したものなどです。

 積立タイプや外貨建てのものは、学資保険という名前を借りただけの投資商品である場合が多く、実際のところは、単なる外貨建ての金融商品である場合が多くあります。

 こういった商品は、返戻率や利率など非常に高く有利に思えるのですが、ハイリターンである分、為替差損、カントリーリスク、破綻リスクなどがあり、リスクも一般の学資保険と比べると大きくなります。

 学資保険に死亡保障などの安全性を求めるのであれば、一般的な学資保険を選ぶべきですね。