子供 教育資金(大学の学費)

大学の学費は、国公立約240万円、私立が約490万円程度

 学資保険をかける際に考えないといけないのが子供の教育資金がどれくらい必要なのか?ということですね。おそらくほとんどの人が、学資保険による教育資金の積み立ては、大学入学時の手助けのためと考えていることだと思います。私も同じ考え方です。

 一般的な学費(授業料)の目安としては、国立が年間51万2700円、公立が52万3500円、私立が115万3900円となり、国公立で大きく異なっています。
(※平成18年度学生生活調査結果、独立行政法人日本学生支援機構調べ)
 私立の学費が高いのは、授業料事態は、70万~80万と1.5倍ほどなのに対して、施設設備料などの名目で、別途費用が必要であるためです。
 当然のごとくこの費用は、授業料だけのもので、入学時には入学金が別途必要となり、これは国公立平均で27万円程度、国公立と私立にあまり開きはありません。

 このことから、国公立大学に入学するのであれば、4年間分なので、入学金もいれて、240万円程度、私立大学なら490万円程度、大学に学費として、費用がかかる計算となります。
 当然のことながら、この費用の目安は、いわゆる文系に入学した場合の試算、理工系や医学部になると、学費・入学金・施設設備費などが変わります。
 専攻に応じた費用については、旺文社の大学選びに欠かせないお金の話のページを参照にするのがよいですね。

 子供が国公立、私立どちらの大学を希望するかは先になってみないと分かりませんが、大学の学費を学資保険一本で賄おうと思うのであれば、最低250万円の契約金額となる学資保険の契約が必要となります。